Sweet Black Cafe

R&Bを中心に、好きな曲ばかりを集めて紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-26 [ Thu ]
「Crazy」  K-Ci & JoJo

アルバム「X」(2000年)より   X2000s.jpg

「このままどうにかなってしまいそうだよ  近頃の俺は、君のことが頭から離れないんだ
このままどうにかなりそうさ、  どんどん深みにはまっていって
思うのは君のことばかり、  俺はどうすればいいんだ…」

作/プロデュースを手がけているのは、LSG、Gerald Levert、Silkなどのプロデュースで知られるDarrel Delite Allamby。
澄み切った秋の空に、少し色付いた枯葉が風に舞うような爽やかさが漂う。今の季節にピッタリな曲です。
» READ MORE...
スポンサーサイト
2006-10-25 [ Wed ]
「Priceless」  Frankie J

Priceless061017.jpg

輸入盤10/17発売中
国内盤11/22発売予定

http://www.myspace.com/frankiej
http://www.frankiejonline.com/
» READ MORE...
2006-10-24 [ Tue ]
「October Sky」  Javier

「Javier」2003年より   Javier2003.jpg

Javierの1stアルバムのラストに収録されているジャズ・バラード。
Javierの柔らかい歌声、グランド・ピアノやトランペット(?)などの色々な楽器の音色にも包まれて。。

晩秋の空が、しっとりと心に染み入り、癒されます・・・
» READ MORE...
2006-10-22 [ Sun ]
「Fantasy」  Mariah Carey Feat. O.D.B

「#1's(The Ones)」 (1998年)TheOnes1998.jpg

「Baby、私、あなたに夢中なの。 頭の中はあなたでいっぱい。 それは甘い甘いファンタジー… 」
甘くてドキドキするような恋に落ちてしまった“超”Happy Song。

プロデュースはMary J. Bligeでおなじみのデイヴ・ホールですが、このヴァージョンはSean"Puffy"Combs(P.Diddy)によるRemix。バック・ヴォーカルにKelly Priceも参加しています。
» READ MORE...
2006-10-20 [ Fri ]
「Butterfly」  Mariah Carey

 「Butterfly」 (1997年)  Butterflys.jpg
 
「誰かを深く愛するとその人が人生そのものになる 不安に押し潰されて屈するのはたやすい
あなたを温室に閉じ込められると浅はかにも思っていたの  でも今ではわかる
あなたを抱きしめるには 両手を開いてあなたを解き放たなくてはいけないと

羽をひろげて飛ぼうとしている あなたは蝶になった 太陽に向かって思い切り飛びなさい
もし私の元へ帰ってくるとしたら二人は赤い糸で結ばれていたということよ
羽をひろげて飛んでいけ 蝶よ... 」

愛の為に別れを選ぶことも、時にはある... 
まるで神聖な儀式が行われているようで、両手を広げて蝶を大空へ解き放つMariahの姿が目に浮かぶ。
Mariah自身による深い歌詞と見事に調和したAfanasiefによる幻想的なバラード。 
» READ MORE...
2006-10-19 [ Thu ]
「Hello Darlin'」   K-Ci&JoJo

 「Ballad Collection For Lovers」 2005年より ForLovers2005.jpg

「“Hello ダーリン”と彼女は話しかけて 俺を“愛しいひと”と呼んだのさ
“道に迷ってしまったの、ここはどこ?”
“Hello ダーリン”と彼女は話しかけて 俺を“愛しいひと”と呼んだのさ
“私の道先案内人になってくれる? お願い迷子になった私を助けて”
と、彼女は俺に言ったんだ…」

Chuckii Booker & Roseの哀愁漂うピアノの音色にJoJoの切ないヴォーカルが乗る。
静かに始まり、コーラスに入ると一転ドラマティックに盛り上がる情熱的なナンバー。
ラストの方のK-Ciのアドリブコーラスにも注目☆
» READ MORE...
2006-10-12 [ Thu ]
    sbc1s.jpg

会いたい人に会いに行く、とか、好きな人に好きって伝えるって、
すごくシンプルで、難しいことだったりするけど、

?とても大切なこと?  そう思った。
 
» READ MORE...
2006-10-12 [ Thu ]
「I'll Be There」  清貴

   2001年  IllBeThere2001Kiyotaka.jpg

あれから5年。。このアルバムを聴いた時の衝撃は今までで1番だったような気がします。
日本人にもこんなアーティストがいるなんて!!!
確か、UsherとかK-Ci&JoJoとかBrian Mcknightとかを聴いてる頃でした。
試聴コーナーでジャケが目に留まり、引き寄せられるようにヘッドフォンを手にとって。。もう、速攻でお買い上げ


<収録曲>
1. Opening
2. NoNoNo
3. Lost child
4. Mirage
5. The Only One
interlude
6. True To Yourself
7. INSPIRE
8. VANISHING
9. Can You Feel The Same
10. You're not alone
11. Dear Friend
12. freedom
13. The Only One (Orchestra ver.)


?「No No No」でヴォーカルスタイルと声に驚きます。言葉にできなくて悔しい。胸を締め付けるような泣きのヴォーカルの?と?、清貴のソング・ライターとしての才能を見せ付ける?、こんなに切ないのあり?!(>_<);とハートを鷲掴みにされる美バラード?「The Only One」は、今聴いても、これから先もずっと名曲好感度大の爽やか路線?、文句ナシにカッコイイ?、
そして私が愛して止まない?「Vanishing」。「僕に解けない秘密残して 君が雲間に消えるようで…」切ないどころじゃないです。。(涙)
?のバラードは英語でしっとり聴かしてくれます。サックスとか、女性の声も効果的。何より、清貴の歌唱力がヤバイ。。マライア好きなのがわかります。「You're not alone You can be strong Follow your dreams???」伝わります。
哀し気に友達との三角関係を歌う?はコーラスの美しさにも涙。。

KiyotakaLive060618_01.jpg
画像:6/18(日) KIYOTAKA MONTHLY LIVE“Close to you”Official Websiteより

ラストには?のオーケストラ・ヴァージョンが収録されています。う?ん。。この雰囲気、たまりません。。とっておきのプレゼントを貰った気分。。

そして、放っておくともう1曲お楽しみが入ってます♪おまけのプレゼントをもらった気分かな?



声もいいし、表現力もあるし、楽曲もカッコいいし。。歌詞が本当にいいです。
ちなみに歌詞は全て清貴自身によるもので、作曲も数曲、アレンジにも関わってます。
男性ヴォーカル・グループ好きの人にも十分楽しめると思いました。もっと売れておかしくないと思ったのに。私の七不思議のひとつデス。
» READ MORE...
2006-10-10 [ Tue ]
「Back For More」  Shawn Desman

    2005年 発売中   BackForMoreShawnDesman.jpg

今年7月に発売されてるカナダのR&BシンガーShawn Desmanのセカンド・アルバムです。
先日、某CDShopで“美メロ”のPOPに惹かれて試聴してみたらすごくすごく良くて。。
ジャケだけ見たら絶対手を出さないタイプでしたが、最後まで楽しんでしまい衝動買い♪


<曲目>
1 Back For More
2 Let's Go
3 Sexy
4 Oooh
5 Insomniac
6 Hurt
7 Red Hair
8 She Ain't Coming Back
9 Nobody
10 What If
11 Man In Me
12 That's Love
13 Butterflies


ダンス系??は、初めデジタル音みたいなのがイヤ!って思うんですけど、Shawn Desmanのしっとり繊細なヴォーカルがのるとあれ?って受け入れられる(笑
映画「Honey」のサントラにも収録されたRodney Jerkinsの?、その流れをくんだ?、UsherとJoeを足して割ったような美しいメロウ・ナンバー?、爽やかクレイグ系?、Javierっぽい?ちょっぴりCoolな?、Tricky Stewartの切ない切ないフロア系?、しっとり美メロ系?、アップナンバーも切ない?、R Kellyっぽい?、ヴォーカルに力が入る?、締めくくりに相応しい超?美メロ?グランド・ピアノとアコースティック・ギターの静かな演奏にShawn Desmanの優しいヴォーカルが溶け込むこの?はぜひ歌詞が知りたい(>_<)「Butterflies」というタイトルに名曲多し!?



とにかく声がキレイ。楽曲もいいです。。

男性R&Bアーティストのいいとこ取りっぽくて反則?って思ったけど、Shawn Desmanの繊細なヴォーカルによって、統一感があって嫌味なく楽しめます☆
“いかつそう”なジャケ写とのギャップに驚いたのは私だけじゃないはず!


shawnonline2.jpg

Shawn Desman Online  
Shawn Desman Official Site



おまけ・・・
カナダ人ですが、両親のルーツはポルトガルとイタリアらしいです。
映画「Honey」にも出演してて、カナダ盤グラミーにも出てる有名な方のようです。
ソング・ライティングに名前のあるJ Queと共に、三浦大知という日本人アーティストのアルバムにも参加してるみたいです。

「Butterflies」。。Tottemo Setsunai Desu...



追記…
「What If」は亡くなった祖父のことを歌っているなど、思いのつまったアルバムになっているそうです。だからこんなに気持ちが込もってて切ないんですね。。。


「Insomniac」の最後のコーラス部分。。
「I miss you, I Want you, Whithout you, I can't sleep... Want you come back to me」
(ヒアリング自信ないので間違ってたらゴメンナサイ)
2006-10-02 [ Mon ]
(リンク追加しました

「Makings Of Me」  Monica

 10/04 発売予定  MakingsOfMe061004Monica.jpg

ついにMonicaのNewAlbumが発売されますね♪
HMVさんによると、タイトルの「Makings Of Me」はCurtis Mayfieldの71年「Curtis / Live!」の中に収録されている"The Makings Of You"にちなんでいるそうです。
プロデューサーは同郷アトランタのJermaine Dupri、Missy Elliott、Sean Garrett、Bryan Micahel Cox、The Underdogs等。Twista、Akonなどもゲスト参加予定。
現在Jermaine Dupri作の「Everytime Tha Beat Drop」がヒット中♪

↑恥ずかしながら、まだ聴いてません(汗)


<曲目>
1 Everytime Tha Beat Drop feat. Dem Franchize Boyz
2 A Dozen Roses (You Remind Me)
3 Sideline Ho
4 Why Her
5 Hell No (Leave Home) feat. Twista
6 Doin' Me Right
7 Raw feat. Swizz Beatz
8 My Everything
9 Gotta Move On
10 Get Away


あ!いつの間にか2曲増えてる。。もう少ししたらまた増えてるかな?w増えろ?増えろ?♪。。って、もう明日の夕方発売ジャナイデスカ!




追記…
「Everytime Tha Beat Drop (feat. Dem Franchize Boyz)」と「A Dozen Roses」聴きました♪Cool!

Monica Aanold Online☆ monica2.jpg
URL→http://www.monica-arnold.com/

Official Site☆ monica4.jpg
URL→http://www.monica.com/ 


TOP画像、どれもカッコ良いです


おまけ画像。。 monica3.jpg



 
2006-10-01 [ Sun ]
「The Dutchess」   Fergie

 2006 発売中   Dutchess0609Fergie.jpg

先日友達が貸してくれたので聴いてみたら、なんかイイ!(・∀・)
あれ?よく聴いてみたらすごくイイ!(笑

アルバムにはFergieのライフ・ストーリーが詰まっいて、すべて事実で、傷つきやすい面も、あらゆる面を見て欲しかったといっています。
その通り、1つとして似通った曲がなく、ジャンルもバラエティに富んでいます。というか、バラバラ(笑)でも、Fergieが自分を気持ちよくさらけ出している感じで、どの曲もすごく輝いていて、聴いてるこちら側も気持ちよくなってきます。

個人的にはPCDの“Buttons”のプロデュースで知られるPolow Da Donの曲「London Bridge」「Glamorous(feat.Ludacris)」の2曲と、「All That I Got(feat.will.i.am)」、涙を誘う歌声の「Big Girls Don't Cry」、ピアノの旋律とミュージカルっぽい語り口調で始まる美しいバラード「Finally」(プロデュースはJohn Legend & Ron Fair!)が特に好きです。
「Here I Com」とか「Velvet」とか、Rita Marley & The I-Threesをfeat.した話題の「Mary Jane Shoes」とか、エヴァネッセンスとアギレラを足して割ったような「Losing My Ground」とか、他にもいい曲がたくさん。

純潔を守る為(?)相手の名前は言えないといっている曲は、「Big Girls Don't Cry」のような気がしてなりません。。
「Glamorous(feat.Ludacris)」は、シンディ・ローパーの“Time After Time”にバックの雰囲気が似てるような。。気のせいかな?この曲が一番好きです♪

売れるわけですよね聴かず嫌いはいけないなぁ?と思いました。貸してくれた友達に感謝です。

 | HOME | 

2006-10

Renaのひとり言・・・

プロフィール

Rena_la_luna

  • Author:Rena_la_luna
  • Love! 「R&B」&「Cocktail」
    ・最愛のシンガー「K-Ci」
    ・Cocktail「wasuRENAgusa」

    基本的に歌モノが好きです。
    男性:K-Ci、Urban Mystic、Jaheim、Tyrese、Nelly、Brian Mcknight、Joe、Governor、Javie

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。